フォトリーディング 速読

世界初フォトリーディング シニアインストラクター山口佐貴子のフォトリーディング・プレミアム講座
受講者数
6,283
2020年7月現在
お問い合わせ
今すぐお申込み

仕事への意欲が更に増し、昇進しました!

私がフォトリーディングを知ったのは、神田昌典さんのCDでした。その一言が私をフォトリーディングに導きました。なぜか「フォトリーディング」と言う言葉が、私の中でかなりのインパクトを持ち、そこから受講の決断までに時間はかかりませんでした

私は愛知県在住ですので普通に考えれば、名古屋で開催される講座に参加すればよいのですが、どうしても佐貴子さんの講座に参加したくて東京へ行きました。参加するには前日入りをしなければならないので、非常に迷ったのですが、やはり「佐貴子さんの講座に参加したい」「佐貴子さんに逢いたい」と言う気持ちが強く、東京行きを決意しました。

フォトリーディングの効果を実感したのは、社内で研修講師をしていたときに、当初、予定していなかった言葉が自然と出てきた時です。フォトリーディングした本の内容を無意識に話していたわけです。ホンマに驚きました。自分の潜在意識の素晴らしさを実感した瞬間でした。

フォトリーディング以外の効果としては、佐貴子さんのセミナーを受けてから「場」を意識するようになりました。佐貴子さんが作るセミナーの「場」が非常に心地よく、そのことが受講者の理解度を上げているんだと言うことを実感したからです。自分が研修講師をやるときに色々と参考にさせて頂いています。

そして1月に受講して、6月に課長に昇進しました。課長になったことにフォトリーディングが作用したかどうかは自分にはわかりません。ただ、言える事は講座を受けてから「変わった」と上司には言われました。私は普段から控えめすぎると言われる程、口数が多い方ではありません。しかし受講後は、自ら上司へ提案をしたり、業務進捗や相談をするようになったのです。

ある時、3泊4日の新入社員合宿研修で私は責任者をやっていたのですが、上司(部長)もいたにも関わらず、ほとんど自分で新入社員とスタッフの約250名をコントロールしていたのには自分自身、驚きました。上司がいると、つい遠慮していつも以上に控えめになる自分でしたから、なおさらです。その後、そういったことが認められたからか、6月より課長になったわけです。

私の人材開発部は20名程の人がいます。そのほとんどが仕事柄、薬剤師で占められています。私の所属する人材教育課も私の前の課長たちは薬剤師でした。そういった意味では、薬剤師の資格を持たない私が課長になったことはある意味、快挙と言えるかもしれません。自分で勝手に思っているだけですけど(笑)

つまり、フォトリーディング受講後は迷わず行動できるようになったのだと思います。本当に驚くくらい(笑)。また「考え方がポジティブだよね」って言われることが多くなりました。良い意味で深く考えすぎなくなり、自分が思ったことは、例え根拠がなくても信じて行動するようになりました。その結果色々な出会いがありました。きっと「今」を大切にできるようになったのかもしれません。

今後は、フォトリーディングを活用して業界では重要な資格となる「登録販売者」や「健康管理士」の取得にチャレンジしようと思います。とにかくいろんなことにフォトリーディングを活用して学んでいきたいです。こんな気持ちになったのも佐貴子さんに逢って、フォトリーディングを学んだからだと思います。フォトリーディングは、受講料が高いので受講するのには躊躇すると思います。しかし、受講料以上の学びや気づきがあります。受講すれば自分の潜在意識の素晴らしさ、潜在能力の高さを知ることができます

そして何よりも佐貴子さんとの出逢いが最大の財産になりますよ。

  • 5日間無料メール映像セミナー
  • フォトリーディング体験会
  • 3億人に使われているノート法|マインドマップ®も使える!
  • フォトリーディング説明
    ダイジェスト版
  • 再受講はこちら
  • 山口佐貴子ニュースレター
  • 山口佐貴子プロフィール