フォトリーディング 速読

世界初フォトリーディング シニアインストラクター山口佐貴子のフォトリーディング・プレミアム講座
受講者数
6,283
2020年7月現在
お問い合わせ
今すぐお申込み

Interview Vol.28 伊関 あゆみさん

伊関 あゆみさん

伊関 あゆみさんマリッジコーチ:伊関 あゆみさん 女性


大妻女子大学を卒業後、大手損害保険会社に勤務、
出産のために退職。

長女出産後、2000年コーチングを学び始める。
コーチに必要な数々の資格を取得し、
現在ではコーチとして個人セッションを行うかたわら、
マリッジ・マップ・セミナーを開催し、
生協主催の講座やカルチャーセンターでは
コーチングセミナー等を行う講師となる。

結婚14年目2児の母。
温かい家庭を築きつつも“結婚のことで悩んでいる女性をサポートしたい”と
結婚専門のマリッジコーチとなる。

2005年 財団法人生涯学習開発財団 認定コーチ
2005年 NPO法人ハートフルコミュニケーション 認定ハートフルコーチ
2006年 サンタフェNLP プラクティショナー
2008年 プレシャスリスニング(カウンセリング)講座修了
2008年 財団法人生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ

2003年 9月 山口佐貴子のフォトリーディング集中講座 受講
2007年 6月 黄金の羽根ワークショップ 参加
2008年 1月 山口佐貴子のマインドマップ・マスター講座 受講

――
あゆみさんがフォトリーディング集中講座を受講されてから、なんと5年半のお付き合いになるのですね! 

当時は専業主婦だったあゆみさんですが、
今はなんと結婚専門のコーチングを提供するマリッジコーチなのですね!

【伊関さん】おかげさまで、以前、ご報告させていただいた『マリッジ・マップ・セミナー』の初回も3月に無事開催することができました。

参加者の皆様にもとても満足いただけて、私としても素晴らしい経験ができました!

――あゆみさんがあゆみさんらしく輝きを増しているのが眩しいほど伝わってきています。
今まで個人セッション中心だったあゆみさんに、どのようなきっかけがあり、セミナー開催に至ったのですか?
【伊関さん】 ある本をフォトリーディングした結果、セミナー開催に結びついたといっても過言ではないのです。

その時、フォトリーディングしたのは、大橋清朗の著書『婚活のためのモテ講座・また会いたくなる人』という本です。

「著者のようにみんなに相談されるマリッジコーチになる」と、いつもやっているように最初にこの本から得たいこと、つまり目的を決めてフォトリーディングをしたんです。

この本の中で、その時の私に必要だったのは、たった一言でした。

「今やっていることで結果がでないのなら、違う事をやりなさい」

この文章にハッとしてしまいました。やったことないことをやってみよう、新しいことに挑戦してみよう・・・そして、ピンと閃いたのが、セミナーを開催してみることだったのです! 

それからというものの、セミナーの開催の方法が解らない私にどんどんセミナーを開催するために必要な情報が集まり始めました。

―― あのセミナー開催もフォトリーディングがきっかけになっていたのですね!?
あゆみさんが作ったのはどのようなセミナーだったのですか?
【伊関さん】 今回の開催は、私にとって結婚に関するセミナーの第一歩になるものでした。
結婚の悩みといっても人それぞれで、結婚したいのに結婚のできるような相手が見つからないという悩みもあれば、結婚をそもそもしたいのかも解らない・・・そんな中で、気分が良くなると結婚をしたくなるけれど、落ち込むとしなくてもいいかなと思ってしまう。
それなりの年齢になってくるとこの気持ちの揺らぎが色々な将来の不安につながってきてしまったりするんですよね。

でも、本来の自分はどっちなんだろう? 
結婚も含めて自分はどう生きたいの? 

セミナーでは、それをみつけてマップにします。
「これを見ると元気になれる」そういうものを残してあげたかったのです。

3月の開催は、独身の女性が8名集まって、楽しいながらも真剣な空気の中、マップを作り、それが叶うようなワークもしてとても盛り上がりました。
開催後、さっそく嬉しい報告等もいただけたりもして、まさに私のビジョンの第一歩となるものでした。

マリッジという専門を持つまでは、電話や対面でのセッションを中心としたコーチでしたし、こうしたオリジナルのセミナーが開催できたのが夢のようです。

――
あゆみさんのその温かくて優しい空気感に、参加者の皆さまは安心して自分の心のナイーブなところに向き合えるのでしょうね。わかる気がします。
【伊関さん】 でも、そのセミナーの空気感や工夫は佐貴子さんの講座にでて教えてもらったのですよ。
セミナーを開催する場所、雰囲気へのこだわりは『黄金の羽根』ワークショップに参加し味わったものを再現したようなものですし、フォトリーディング集中講座のようにお菓子だってあります。

私の中では、佐貴子さんに教えてもらった3つの要素がうまく絡まり合って、今、現実を起こせているのだと思うのです。

まずは、『黄金の羽根』ワークショップで自分の未来像(目的)を明確にし、気持ちを整えると自然に、次のステップに行くための質問が作り出される。
その質問の答えを探すためにフォトリーディングを使い、マインドマップを描きながら得た情報をまとめたり、そこから膨らませたりする。
マインドマップでアイデアが膨らんでしまったら『黄金の羽根』に戻ってきて、「これは自分の未来に本当に必要? YES? NO?」と自分の人生に問う事ができる。
それでYESならフォトリーディングを使って・・・・毎日その繰り返しです! 

まさにその繰り返しの中でその1冊の本の中に出逢い、自分のオリジナルセミナーを開催するに至ったのです。

――
それはすごいですね! あゆみさんは昔からそういった現実化思考といいますか、まっすぐ未来に向かっていく女性だったのですか? 何か転機があったのでしょうか?
【伊関さん】 昔からといいますか、フォトリーディングからですよ! 
当時、子供が1歳と4歳でしたから、子育てでいっぱいいっぱいで何か勉強をしたり、自分のために時間を使ったりすることなんて、絶対できませんでした。

だから、2日間、子供を家族に預けてセミナーに参加するなんて、当時はものすごい冒険といいますか・・・よくやれたなぁと今でも思います。だからこそ、この集中講座の中で何かを得て帰ろうという想いは強かったのかもしれません。

とにかく、「自分の成長のために何かを学べるなんて幸せ!」そんな気持ちでいっぱいでしたから。フォトリーディング集中講座はスキルだけではなく、“講師:山口佐貴子”から得たものも多かったと思います。そして、日常生活の中では出逢えない仲間との出逢いもありました。

転機と言えば、その方とのやりとりの中でもありました。フォトリーディング集中講座で仲良くなった方にコーチングをお願いされたのです。色々話しているうちに、その方に参考になる書籍を紹介してもらい、そうした書籍を読んでいるうちに私のコーチングの方向性を「マリッジ専門」に定めました。「マリッジ専門」って他にやっている人もいないし、結婚して、子育てをしている今、私にもできるんじゃないかと思いました。

転機と言われれば、フォトリーディング集中講座の受講をきっかけに起きたことばかりが転機だったと思います。

――
フォトリーディングという学びを共有できているだけで、たった2日間なのに素晴らしい仲間ができたという方って多いんです。
2日間、一緒に潜在的なところから活性化した仲間だから仕事や趣味が違っても、なぜか心強い仲間で居られるそうなんです。

では、あゆみさんが「マリッジ専門」を決めてから、フォトリーディングやマインドマップはどのようにお役にたてましたか?

【伊関さん】 それからというもの、結婚に関する本をいっぱいいっぱい読みました! 
どのくらいと聞かれると困っちゃうくらいです(笑) えー・・・・もう本当にいっぱいです、何十冊だろう・・・? 「結婚」「マリッジ」「恋愛」「独身」とか関連するキーワードがあれば、とにかく手にとって読んでいましたし、図書館で借りたもの、購入したもの・・・思い出せないくらいたくさん読みました。

その中からマリッジコーチとしての基盤を構築できたと思っています。

もしフォトリーディング集中講座にでていなくて、その本にも出逢わなかったとしたら、たぶん自分のコーチングに専門を持つことに戸惑っていたかもしれません。

仮にもその本に出逢っていたとしても、「こんな大逸れたこと、私には無理なんじゃないか?」って、自信がなくて、見つけても前に進めなかったと思います。

――
その思い出せないくらいたくさんって、凄いですね。「結婚」や「恋愛」に関する本はこの数年溢れていますから、目についたもの全てを手にとっていたら、きりがないけれど、きっとあゆみさんは全て手にとって読んでいたのでしょうね。

あゆみさんはすんなりフォトリーディングのスキルを使って人生をステップアップしていますね! あゆみさんなりのコツみたいなものがあるのでしょうか?

【伊関さん】 コツというのかはわかりませんが、ハッと気付きがあってフォトリーディングができるようになりました。
それは佐貴子さんが講座の中で教えてくれたことですが、「フォトリーディングは特別な能力が必要なものではなく、みんなができること。可能性に天井のある人とない人はいない、。人間みんな可能性に天井はない。フォトリーディングはその天井のない可能性をどこまでも高めてくれるスキル」だと。
それを2日間、しっかり教え込まれたと思っています。
それはスキル以上に大切な価値観でした。

それに、コーチングの認定試験もフォトリーディングを使って合格をしたのですよ。
試験では様々な本を読んで、ノートにまとめ、自分の意見を見いだし確立する必要がありました。それはフォトリーディングなしでは、とても大変な作業だったと思います。

その認定試験合格の事例と全く同じことを、「マリッジコーチ」というオリジナルを確立する時、同じようにやっただけなのです。フォトリーディングが情報収集から記憶、アウトプットにいたるまで、とても役に立っているのは、自分で証明ができ、「人の可能性に天井がない」というのにも私自身実感があります。

――
なるほど、あゆみさんは資格試験の合格という経験から、その事例を仕事でも役立てたのですね! 仕事では資格試験とオリジナルの確立には役立てて頂けているのはよくわかりました。
では、日常の仕事の中ではフォトリーディングやマインドマップは役立っていますか?
【伊関さん】これは申し訳ないのですが、正直、私の仕事や日常生活の中に、馴染みすぎて何に役立っているというは説明がしづらいのです。(笑) 

読書の時や情報収集する時にはもちろん目的(質問)を投げています。クライアントさんのメモはマインドマップで描きます。セミナーのアイデアや自分の考えをまとめるときもマインドマップ・マスター講座で習った事をやっていますし、水を飲んだりお菓子を食べたりするのも、佐貴子さんの講座での効果を知っていてのことです。

――
その馴染んでいるということが成功の秘訣なのかもしれませんね! ちょっとその秘訣についてお伺いしたいと思います。
あゆみさんは集中力がすごく高いように思えるのですが、それはどうしたらできるのでしょうか?
【伊関さん】 その時だけは余計なことを考えてないのだと思います。
集中講座の時も2日間家のことが心配で過ごしていたら得られるものも得られなかった。
けれど、「自分のために学べるなんて幸せ♪」「ご飯を落ち着いて食べられて、いろんな方と交流ができるなんてすごい!」2日間そこに焦点が当たっていたからこそ、自分に必要なことを習得できたのだと思っています。

家庭がありますから、限られた自分の時間の中で、できることをやろうと思うと集中しないとできないのでしょうね。

――あゆみさん専門の「マリッジ」でも、あゆみさん自身の仕事でも、自分の得たい結果にフォーカスする力は必要だということですね。つながっていると。
【伊関さん】 つながっていると思います! 自分のことなのに決められないとか、今の状況をどうしようと不安や心配で気が散ってしまうと、それが本来の自分の姿や見たい未来像を霞めちゃうんです。
――
それでは、ズバリこのインタビュー記事を読んでいる結婚をしたい独身の方に、“幸せな結婚が出来る人の共通点”を教えてもらってもよいでしょうか?
【伊関さん】 そうですね、1つ目は「結婚する」と自分の中で決意する事です。結婚や結婚生活では、独身時代に経験した事のないことだってたくさん起きます。それでも結婚するんだとビシッと決意することです。2つ目はちゃんと自分を見つめ直すことです。結婚をするということは、自分の未来を左右することですから、今見つめ直して、今まで向き合わなかったことでも未来にとって大切なことには向き合っておく必要があります。
この2つかな。でもこの2つは私の2年半のマリッジコーチとしての経験と私の体験談です。ただ、人によっては「結婚をしない」と決める人もいます。それでその方個人の人生が素晴らしい方向にいくならばそれでOKなんです。
――
「そうする」「そうなる」という想いにフォーカスすることが、何をするにしても大切なのですね。

そんなあゆみさんがフォトリーディングにフォーカスして習得したいと思ったきっかけを教えてください。

【伊関さん】 速読に昔から憧れていたんです! 学生時代から読書は好きな方で、苦手で悩むということはありませんでした。
フォトリーディングのことは本で読んで、すごく面白そうと期待を寄せていました。

どんな方がインストラクターなのかな?とHPを検索してみると、佐貴子さんがでてきて、色々調べていったら、主婦でお子さんもいて、会社も経営されていて、旦那様の仕事も手伝われていて、やっていることにとにかく驚きました。それに優しそうだし、笑顔も素敵だし!
この人と知り合いになれるならフォトリーディング以外のことも学べてお得!と思って受講しました。そうしたらズバリ的中、期待を裏切らなかったんです。

――
ズバリ的中だったのですね^^ ありがとうございます。安心しました。
では、実際に集中講座に出られていかがでしたか?
【伊関さん】 全部が始めてでした、スキルの土台となる脳のことやリラックスの方法も、本当に全てが始めてで不思議な事ばかりでした。
新しいことを習うたびに「え!?こんなことがあるの?知らなかった!」その連続で刺激になりましたね! 

しかし、緊張させるような張りつめた空気が一切なく「自由にどうぞ?♪」という安心した空気がありました。だって、勉強しにきたのにお菓子と美味しいお茶が用意されていて、机にはおもちゃまで置いてあるんです。こんなユニークな雰囲気のセミナーってあり?って、思いましたね。

でも、今自分がセミナー作る立場になると、あのような場づくりが本当に大切なんですよね! フォトリーディングもさることながら、佐貴子さんが2日間作り続けたあの空間の大切さが今となるととてもよくわかります。

最後に私の方から佐貴子さんに質問してもいいですか?

――
どうぞ、どうぞ。
【伊関さん】佐貴子さんってとてもとても忙しそうなのに、どうやったらこんなにたくさんのことを一気にできるのですか?
――
忙しそうに見えるくらいパツパツな時間で動いているのは確かです(笑)

でも、本当はもっと、もっと、もっとたくさんやりたい事があるんです! 
正直なことを言うと、先日もやりたい事がありすぎて、目が冴えてしまって眠れなくなってしまいました。

そんな時は、マインドマップで頭の中を整理します。やりたい気持ちと自分の時間の足りなさに挟まれて焦っていました。寝ずにやっても足りない!と思うような気持ちです。でもマインドマップを描くと頭の中もすっきりすると同時に気持ちの焦りも消えます。これは今やる必要がないな。先にこっちを優先してやった方がいいな。ここは無理して急ぐことないな。あれ?こんなに焦る必要なかったじゃない・・・って思ってすっきりしてぐっすり眠って次の日また頑張っちゃいます。

でも、実はこの作業何回もやっているんです。何回も同じマインドマップ描いています。
でも、何回も同じマインドマップを描いたからこそ得られる恩恵もたくさんあります! 

また、フォトリーディングという考え方が私に多大なる影響を与えています。もうまさにフォトリーディングは私の人生そのもの。フォトリーディングは短時間で成果をつかむ方法。それをそのまま仕事に生活に生かします。

例えば今までの3倍の速度で仕事が完了すれば、今までの3倍の仕事ができる。
または空いた時間で休息を取ることもできる。
選択が可能です。そうやって時間を生み出しています。

【伊関さん】 佐貴子さんが自ら体験したことを元に教えてくれることって、スキルを越えてとても価値がありますよね!
 

今回このインタビューを受けてから、自分のこの数年で起きたことをまとめてみたのです。フォトリーディングに出逢わなかったら・・・なんて想像がつかないくらい、人生は豊かに変わっていたと、改めて実感をしました。速読スキルだけを目的にしてはもったいないですよね!

是非何においても応用して活用してもらいたいですよね!

――
そう言っていただけるととても嬉しいです。
フォトリーディング集中講座は“賢い頭の使い方を知れる講座”です。フォトリーディングスキルは“多くの情報の中から最適なものをつかめる方法”です。
速読にとどまらず、その人の人生に一番よい方法で活用して頂き、その人の人生がきらりと輝いてもらえたら、最高に嬉しいです。

あゆみさん、今日は本当にありがとうございました。

  • 5日間無料メール映像セミナー
  • フォトリーディング体験会
  • 3億人に使われているノート法|マインドマップ®も使える!
  • フォトリーディング説明
    ダイジェスト版
  • 再受講はこちら
  • 山口佐貴子ニュースレター
  • 山口佐貴子プロフィール