フォトリーディング 速読

世界初フォトリーディング シニアインストラクター山口佐貴子のフォトリーディング・プレミアム講座
受講者数
6,283
2020年7月現在
お問い合わせ
今すぐお申込み

Interview Vol.02 今谷鉄柱さん

今谷鉄柱さん 人気漫画家


鉄柱さんは大好きな職業で、夢を持って行動され成功された方です。

最初、職業を伺ったときに「えっ?フォトリーディングに漫画家の方が?!」と思いました。なんて勉強熱心な方だろう・・と。
でも、漫画家の方は締め切りに追われ、頭の中は常に回転していらっしゃるようです。

特に鉄柱さんが最近手がけかれた漫画は本から漫画に仕上げるというものでしたから、著者の意図や感情を充分に汲み取らないと描けない仕事です。もちろん著者の方との人間関係づくりも大切です。

鉄柱さんは本当にいつも謙虚な方で、自分のエゴを押し付けることがありません。
以前はそうではなかったかも知れないのですが、フォトリーディング後に流れに身を任せることが上手になられたのかもしれません。

そんな仕事の中でフォトリーディングスキルは大いに役立ったと。

写真の『ユダヤ人大富豪の教え』本に描かれたマーカーに注目してください。

一度フォトリーディングして潜在意識に本の情報を入れた上に更に、視覚的に印象的に脳にインプットする為にとられた行為です。

これらを鉄柱さんは良い仕事を成し遂げる為に、無意識に行った行為かと思いますがそれがフォトリーダーの素晴らしさです。意図や目的があれば、素晴らしい結果を得るためには、様々な方法を取れるという証です。

そしてこのように忙しい仕事を常に鉄柱さんは『目的』を持って行うことにより、処理スピードも上がって効率よく仕事ができるようになったと教えてくれました。

フォトリーディングは本当に本を速く読むだけではなくそのスキルを仕事にも活かすと同様に速くかつ、質の高い仕事ができるようになるという特質があります。

鉄柱さんのように実生活で結果を出している方は多く、本当にフォトリーディングは一生物のスキルだなって思います!

―― こんにちは!『ユダヤ人大富豪』の漫画版の大ヒットおめでとうございます。
私も内容は書籍を読んで知っていましたが、それでも感動して思わず何度も読み進めずとまってしまいました。

漫画はビジュアルへ訴える力が違うのでイメージを刺激されて、本とは違う感動が得られますね!スーッと読めますし、私も周りの人におススメしてます。

そして今度は、映画化もされた『県庁の星』の漫画版を手がけられたとのこと。鉄柱さん、おめでとうございます。人気俳優の織田裕次二さんと柴崎コウさんが主演なさってる注目の映画ですね。

【今谷さん】 ありがとうございます。佐貴子さんには本当に感謝しています。『 フォトリーディング集中講座 』に実際に参加することで結果的に仕事や人生がいろんな意味で開けてきました。

ある意味、私の人生を変えてくれた大恩人のような人です。ありがとうございます。

―― こちらこそ、ありがとうございます。
私は鉄柱さんが受講くださった時のことを印象的に覚えているんですけれど私の鉄柱さんの印象は、とてもしっかり受講してくださっていて、「芯がしっかり立っている方」というイメージでした。
【今谷さん】 私もこういう感じのセミナーを受講するのは初めてで、いろんな不安がありましたが、とても第一印象が良かったです。会場の全体がゴージャスチックな感じでしたね(笑)

講師の佐貴子さんもエレガントで(笑)身の引き締まるような感じがしました。背筋がぐっと伸びるような。上品な感じなんですけど、緊張はしないというような。みんなの「たのしみませます!」って雰囲気でしたのでこっちも「楽しそうだな」って思いました。

―― そこで楽しんで学んでくださって、大変嬉しいです。フォトリーディングを受けてから、何か変化というか成長がありましたか?また、学んだことの活用方法があれば教えていただけますか?
【今谷さん】 受講前には「やらなきゃー!」っていう切迫感を抱いていました。受講時間も、受講料も、気軽なものじゃないですしね。でも、佐貴子さんのファシリテートは暖かく、心地よくなるような感じでしたので、「あっ、リラックスしてできるんだ」っという心のゆとり変化がまず在りましたね。

そして、”何をこの本から読みとりたいか?”ということをフォトリーディングでは何回も意識するんですけど、それが仕事でもなんでも応用できる思考になりましたね。

ワークショップで何度も、本に対して目的を定める癖が日常生活にも仕事にも応用されてますね!

「今日この仕事で何をしたい」という目的をはっきりとさせておけば、効率よくなるし、目的を持つとそのほかのいろんなものが処理スピードなどが今までよりもぐっと早くなる。

そして佐貴子先生を通じて、受講後にいろんな縁が広がりました。昔は漫画のイラスト・ストーリーも知っている世界の中で書いていたけど、今はワンパターンじゃなくなりましたからね!

今でも小説は楽しみながら時間をかけて読んでいるんですけど、仕事上資料が必要になったときにはフォトリーディングを活用してます。

それを使って頭の中にインプットをとりあえずしておくってことができるようになりましたね!そうすると、必要なときに出てくるということがわかりましたからね。

―― 講座を受ける前と受けた後とに気持ちの変化はどうでしたか?
【今谷さん】 仕事を請けてきて本を読まなきゃならなくなったときに、「本を読む苦痛」がなくなりました!本をよむのが非常に”ラク”になった感じですね。「何とかなるだろう」「何とかできるだろう」という感じです。
―― なるほど、お話を伺っていて感じるのは鉄柱さんが自分自身(潜在意識)を「信頼している」ってことを感じます。素晴らしいですね!「できるかなー?」って疑ってないですものね。
【今谷さん】 疑ってはないですけど、漫画では絶えず毎週試験があるようなものなんです。プレッシャー感じてますけど、”2~3時間編集さんと話をすればいいものができる” っていうのは分かってきました。

本田健さんにも『信頼』を受け取ったというか「大丈夫なんだろうな」っていう落ち着き感というか、信頼感をいただいた感があります。

嫁さんや友達など身近にいる人にも、自分がそういうことを言えるようになりましたね。

―― 自分の信頼感の変化は大きかったですか?
【今谷さん】 はい、そうですね!
3年前の自分ならば今の、自分を見て想像できない。「へー、そんなことできるんだー・・・」ってただ思うだけでしょうね。小さなことへの積み重ねて来たことが自分への信頼になっているのかもしれませんね。
―― 先日、鉄柱さんのサイン会を見て、「夢が叶った瞬間」を見たような感じがしました。サイン会のような象徴的な瞬間を、視覚でインプットしてきて、ものすごく感謝しています。
【今谷さん】 あのサイン会でも不思議な感じでした。まだ全然慣れてなくって申し訳なさがにじみ出ているようなサインになってしまったんですよね(笑)

サイン会をしているのがしんじられなくて、「現実を受け取れよー!」って、自分に言い聞かしてましたからね(笑)

(とっても、謙虚な鉄柱さん、本当に心の大きな人は誰にでも謙虚なんですね!)

―― 実際はそうだったんですか。そんな風には見えなかったです、面白いですね。

フォトリーディングを活用してただ単に本を読むためだけに使うのではなく、仕事にも、人間関係にも生かされたということを非常にかいつまんだ形で恐縮ですが、教えていただいて、私もとても嬉しかったです。

最後にフォトリーディングをこれから受けようと思っている方に向けて一言いただいてもいいですか?

【今谷さん】 結構な時間とお金をかけて参加する講座だと思うんですよね。だから楽しんでもらいたいですね。その方が吸収力が高まると思います。

「ここがよくわからないんですけど」「もっとこんな風にしたいんですけど・・・」って言うのがあれば気軽に自分を開いて行くのがいいです!

それに、そういう雰囲気を創ってくれる先生ですし。遠慮しているのでなくって、全部吸収してやるーっていうガツガツしたものでもなくて「素直に楽しもう」って気持ちで受講したらいいのではないでしょうか、、、、。

―― 今日は、鉄柱さんありがとうございました!鉄柱さんの漫画は、私も感動してまわりにもオススメしてます!

今後のご活躍も楽しみにしてます!!

  • 5日間無料メール映像セミナー
  • フォトリーディング体験会
  • 3億人に使われているノート法|マインドマップ®も使える!
  • フォトリーディング説明
    ダイジェスト版
  • 再受講はこちら
  • 山口佐貴子ニュースレター
  • 山口佐貴子プロフィール