フォトリーディング 速読

世界初フォトリーディング シニアインストラクター山口佐貴子のフォトリーディング・プレミアム講座
受講者数
6,283
2020年7月現在
お問い合わせ
今すぐお申込み

速読で介護福祉士試験合格を目指す

介護福祉士とは?

介護福祉士とは、介護の資格の中で唯一の国家資格です。
介護の必要なお年寄りや障害者に対して、
入浴、排せつ、食事その他の介護を行い、日常生活を営む手助けをし、
また介護者に対して介護に関する指導を行う福祉のエキスパートです。
いまやすでに中学の社会の教科書では、
「高齢化社会」
という言葉は消え、
「高齢社会」
となっており、テストでも高齢化社会だと×になる世の中です。
介護福祉士の仕事は、社会的にも大きな意義を持ち、
今後ますます引く手あまたの職業です。

介護福祉士になるには?

介護福祉士になるには、元ヘルパー2級の資格を持っているか、
介護職員初任者研修課程を130時間終了したのち、
介護福祉士養成のための実務者研修を320時間行うか、
初任者研修を飛ばして実務者研修を450時間修了すれば、
介護福祉士の試験が受験可能です。
2015年1月、2016年1月の試験では、このシステムで受験できますが、
2017年1月から、認定介護福祉士という名称になり、
初任者研修ルートでの受験資格は、
実務者研修修了と3年間の実務経験があることの2つが必要になります。
ですから無資格の方の場合、ここ2年がチャンスです。
筆記試験は、人間の尊厳と自立、介護の基本、
人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術、
社会の理解、生活支援技術、介護過程、発達と老化の理解、
認知症の理解、障害の理解、こころとからだのしくみ、総合問題の10科目です。
受験者のほとんどが、働きながら勉強しており、
幅広い出題に対して、どう勉強時間を有効に使うかがポイントです。
速読、しかも理解できるフォトリーディングなら、
忙しい方でも、限られた時間の中で、効率よく学べます。
速読で、今がチャンスの介護福祉士資格の試験合格を目指しましょう。

  • 5日間無料メール映像セミナー
  • フォトリーディング体験会
  • 3億人に使われているノート法|マインドマップ®も使える!
  • フォトリーディング説明
    ダイジェスト版
  • 再受講はこちら
  • 山口佐貴子ニュースレター
  • 山口佐貴子プロフィール