フォトリーディング 速読

世界初フォトリーディング シニアインストラクター山口佐貴子のフォトリーディング・プレミアム講座
受講者数
6,108
2018年11月現在
お問い合わせ
今すぐお申込み

速読で弁理士試験合格を目指す

弁理士とは

弁理士とは、産業財産権に関する出願手続代理などを行う人で、
発明・考案などの特許権・実用新案権、デザインなどの意匠権、
トレードマークなどの商標権などの権利取得、
ライセンスなどの契約交渉や契約締結、知的財産権に関する仲裁事件の手続、
の全てにおいて代理作業を行います。
さらに2002年の弁理士法の改正により、一部の民事訴訟について、
弁護士と共同で代理人として訴訟をすることが認められました。
今後は、ますますニーズが増え、幅広い活躍も期待されるでしょう。

弁理士になるには?

弁理士になるためには、毎年1回行なわれる弁理士試験に合格し、
弁理士登録をする必要があります。
未成年でなければ、年齢、学歴など受験資格に制限はありません。
弁理士試験に合格後、12月中旬から翌年の3月末迄、
弁理士実務修習を終了して初めて弁理士となれるのです。

弁理士試験の内容は?

弁理士試験は5月に、
特許・実用新案、意匠、商標、条約、著作権法・不正競争防止法
の内容から5つの選択肢から1つ選ぶマークシート方式の1次試験、
7月に工学、数学・物理、化学、生物、情報、法律のうち1つ選択して
論文式で答える2次試験があります。
論文式試験は短答式試験に合格した者が受験でき、
10月にある口述式の3次試験は、論文式試験に合格した者でなければ、
受験できません。
ちなみに、最近の弁理士試験の合格率はだいたい9%前後の難関です。
特に1次試験では範囲も広く、学ぶべきことがたくさんあります。
2次試験では掘り下げた学習内容が必要です。
速読、しかも理解できるフォトリーディングなら、
効率よくインプットできます。
速読で、ニーズの高い弁理士資格の試験合格を目指しましょう。

  • 5日間無料メール映像セミナー
  • フォトリーディング体験会
  • 3億人に使われているノート法|マインドマップ®も使える!
  • フォトリーディング説明
    ダイジェスト版
  • 再受講はこちら
  • 山口佐貴子ニュースレター
  • 山口佐貴子プロフィール