フォトリーディング 速読

世界初フォトリーディング シニアインストラクター山口佐貴子のフォトリーディング・プレミアム講座
受講者数
6,283
2020年7月現在
お問い合わせ
今すぐお申込み

速読で建築士合格を目指す

建築士とは

建築士とは、建築士法で定められた国家資格で、
建築物の設計、工事の監理を行う人のことです。
建築士には、三段階あり、
一定の範囲の木造建築物のみを扱うことができる木造建築士、
建築物の規模と用途が限定されている2級建築士、
あらゆる建築物を扱うことができる1級建築士、があります。
1級建築士の目安は、高さ13m以上、広さ500㎡以上の建造物は
1級建築士しか扱うことができません。

1級建築士になるには?

一級建築士の受験資格は4年制大学卒業+2年間の実務経験、
または2年制大学、2年制専門学校卒業+4年間の実務経験、
または二級建築士+4年間の実務経験で受験資格が出来ます。
そして、国土交通大臣の指定試験機関が行う試験に
合格しなくてはいけません。

2級建築士・木造建築士になるには?

2級建築士になるには、
建築系の大学または専門学校を卒業、
または、7年間の実務経験があれば受験資格が与えられます。
都道府県知事の指定試験機関で一次試験の学科、二次の製図試験を
合格して登録すれば二級建築士・木造建築士になれます。

建築士の試験勉強は?

一級建築士は、計画、環境・設備、法規、構造、施工の5科目で、
特に法規は一番苦戦したという受験生が多いようです。
二級は記憶、 一級は理解と言われています。
2級建築士・木造建築士の試験勉強は、
過去問をひたすら繰り返し勉強する、というのがポイントです。
一級建築士の法規も、二級建築士・木造建築士の過去問も記憶が重要です。
フォトリーディングによる速読なら、
効率の良い記憶と理解が得られ、建築士の資格合格に有利に働きます。

  • 5日間無料メール映像セミナー
  • フォトリーディング体験会
  • 3億人に使われているノート法|マインドマップ®も使える!
  • フォトリーディング説明
    ダイジェスト版
  • 再受講はこちら
  • 山口佐貴子ニュースレター
  • 山口佐貴子プロフィール