フォトリーディング 速読

フォトリーディング・プレミアム講座
受講者数6,300名以上
お問い合わせ
今すぐお申込み

速読で通関士試験合格を目指す

通関士とは?

通関士とは、国際物流に関わる通関手続きを行う専門家です。
通関業者は倉庫や航空会社の貨物部門、運送・物流会社などが、
兼務で行っているケースが多く、輸出入の際に、通関手続きや倉庫の確保や
搬入といった仕事も発生します。
通関士は豊富な通関業務の知識を活かし、円滑に仕事を進めるだけでなく、
トラブルに対して適切な判断と、迅速な対応をしなくてはいけません。
輸出入が多い島国日本において、貿易関係で唯一の国家資格です。
通関士の資格は、通関業者の営業所には、必ず1人以上の有資格者を
置かないといけないため、ニーズは高く、需要も増加傾向にあります。
通関業者だけでなく、世界中の企業と取引のある、商社や貿易会社、
メーカーにおいても取得しておくと有利な資格です。
就職や転職に役立つだけでなく、企業内でのキャリアアップにも有効です。
実際、企業側も資格取得を勧め、通関士の資格取得者には資格手当を
支給しているケースも多いと言われています。

通関士試験とは?

通関士試験の受験資格は、学歴、年齢、経歴、国籍等についての
制限は一切ないので、どなたでも試験を受けることができます。
通関士試験は、通関業法、関税法等、通関実務の3科目で、
配点はそれぞれ40点、50点、30点です。
通関実務試験では、輸出申告書と輸入申告書の作成問題がそれぞれ1問ずつ、
さらに計算問題が5問出題されます。
各科目マークシートで、60%以上得点できれば合格と言われています。
合格率は平成17年までは、10~20%台でしたが、難易度が高くなり、
平成24年度の合格率は8.6%でした。
速読、しかも速く読むだけでなく、理解できるフォトリーディングなら、
難易度が上がった勉強内容も効率よくインプットできます。
速読で、将来性の大きい通関士の資格の試験合格を目指しましょう。