フォトリーディング 速読

世界初フォトリーディング シニアインストラクター山口佐貴子のフォトリーディング・プレミアム講座
受講者数
6,283
2020年7月現在
お問い合わせ
今すぐお申込み

速読で宅地建物取引主任者資格試験合格を目指す

宅地建物取引主任者資格とは

宅地建物取引主任者、通称「宅建」は、不動産関係の仕事を目指すなら
所得しておいた方がいい資格です。
不動産の売買や賃貸の仲介で、取引を公正に成立させるために、
取引前に買主・借主に物件の重要事項説明をし、
重要事項説明書に記名押印及び契約書に記名押印するのは、
宅地建物取引主任者の資格を持つ者にしかできない仕事です。
不動産業の事務所には、必ず5人に1人の割合で、宅地建物取引主任者を
設置しなければならないと法律で定められています。
事務所が大きければ、それだけ多くの宅地建物取引主任者が必要となります。
さらに宅建の資格があれば、金融業界でも武器になります。
金融機関では、融資の際などに不動産の法的知識が必要だからです。
また、昇進のために宅建の取得が必須とされている場合もあるようです。
その他、多くの企業が宅建取得者を歓迎しています。
いづれにしても、転職・就職にはかなり有利といえるでしょう。

宅地建物取引主任者資格試験について

宅地建物取引主任者資格試験は、合格率15%とかなり難しいといえます。
試験範囲が広く、法律問題も多いので勉強も大変です。
膨大な量の情報を詰め込まないといけません。
過去問からの出題も多いですが、かなりさかのぼったところからも
出題されるため、読んでいくだけでも多くの時間がかかります。
速読、しかも速く読んで理解できるフォトリーディングなら、
試験範囲が広い宅地建物取引主任者資格試験に対しても、
短時間で通常の何倍もの理解が得られます。
また、当日の50問の試験問題も速読によって早くこなせ、
何度も見直しができる余裕もできるでしょう。
速読で宅地建物取引主任者資格試験合格を目指しませんか?

  • 5日間無料メール映像セミナー
  • フォトリーディング体験会
  • 3億人に使われているノート法|マインドマップ®も使える!
  • フォトリーディング説明
    ダイジェスト版
  • 再受講はこちら
  • 山口佐貴子ニュースレター
  • 山口佐貴子プロフィール