フォトリーディング 速読

世界初フォトリーディング シニアインストラクター山口佐貴子のフォトリーディング・プレミアム講座
受講者数
6,283
2020年7月現在
お問い合わせ
今すぐお申込み

記憶力をあげたい

 

本の情報が短期記憶に入っているのと、長期記憶に入っているのでは

決定的に何で違いがわかるかというと、後日思い出せるかどうか?です。

 

つまり記憶力。

 

短期記憶にはもちろんそれがありません。

 

一般的に「本を読む」という場合、文字に焦点を合わせて読むことを指します。

 

この時、目は網膜の錐体細胞を使って読んでいて、読んだ内容は

脳の短期記憶の領域に送り込まれます。

 

 

それとは違いフォトリーディングはフォトフォーカスと言う目を使って

本を読むのです。

 

フォトフォーカスは目の網膜の桿体細胞を使い、もれなく脳の長期記憶に

情報が送り込まれます。

 

 

目の使い方によって脳内で情報保持される場所が分かれるとは

誰も教えてくれなかった事実です。

 

 

これを読書に活かしたのがフォトリーディングです。

 

資格取得で短期間でも成果がでるのは、このフォトフォーカスを使って

本の情報を脳の長期記憶に送り込むことができるからです。

 

 

*フォトフォーカスに関してくわしく知りたい方は

私が執筆した本をご覧ください。

 

「才能が目覚めるフォトリーディング速読術」(宝島社)

http://amzn.to/2wEYZCm

  • 5日間無料メール映像セミナー
  • フォトリーディング体験会
  • 3億人に使われているノート法|マインドマップ®も使える!
  • フォトリーディング説明
    ダイジェスト版
  • 再受講はこちら
  • 山口佐貴子ニュースレター
  • 山口佐貴子プロフィール