フォトリーディング 速読

世界初フォトリーディング シニアインストラクター山口佐貴子のフォトリーディング・プレミアム講座
受講者数
6,283
2020年7月現在
お問い合わせ
今すぐお申込み

語学習得をしたい

 

語学を習得すると世界が広がりますね。

フォトリーディングなら短期間で語学習得を実現させることが可能です。

 

 

そのためにまず語学習得して何をしたいのか? を明確にしてください。

これがないとスタートに立てません。

 

これはフォトリーディングのステップ1の「準備」のなかの目的設定です。

 

目的を決めた次は

 

・いつまでに

・どのように

 

語学習得するのかを具体的にプランしましょう。

 

例えば旅行に行く予定がないのに旅行用英語の練習しても

現実味に欠けるので脳の中には残りません。

 

英語を習得するためのベストな方法は

あなたが一番興味がある、もしくはあなたが今一番知っている

分野や仕事の内容で勉強していくことです。

 

仕事や趣味でよく使う日本語の内容を、英語化することが一番お勧めです。

 

そして次に英語の教科書や和英辞書と仲良くなることです。

 

教科書や辞書を身近に置いて、いつもパラパラとめくることを勧めます。

 

 

視覚的にその世界感に慣れ、脳に違和感がない馴染んだ状況を作っていきます。

 

この時にフォトリーディングのステップ3のフォトフォーカスで本をめくる

作業(これもフォトリーディングと呼びます)が功を成します。

 

あなたの脳の長期記憶にその情報をもれなく納めることができるのです。

 

辞書が1冊まるごと脳に入っている状態で英語の勉強するのと

そうでないのではどんな違いが生まれるのか。

 

想像しただけでかなり違うのではと思っていただけると思います。

 

多くの先輩たちが辞書のフォトリーディングで

TOEICの点数を上げてきたことや海外での起業を実現させてきたことを思うと

画期的な手法だと思います。

 

*フォトリーディングで成果を出した先輩STORY

 

サンフランシスコでおにぎり屋として起業し、大成功している男性はこちら

https://10sokudoku.jp/voice/interview/348.html

 

カンボジアで起業し、今は政府まで巻き込む影響力をもつ女性はこちら

https://10sokudoku.jp/voice/interview/398.html

 

 

  • 5日間無料メール映像セミナー
  • フォトリーディング体験会
  • 3億人に使われているノート法|マインドマップ®も使える!
  • フォトリーディング説明
    ダイジェスト版
  • 再受講はこちら
  • 山口佐貴子ニュースレター
  • 山口佐貴子プロフィール