フォトリーディング 速読

世界初フォトリーディング シニアインストラクター山口佐貴子のフォトリーディング・プレミアム講座
受講者数
5,754
2017年7月現在
お問い合わせ
今すぐお申込み

Interview Vol.39 村田祐造さん、水谷絵里子さんご夫妻

フォトリーディング体験談 HEROインタビュー村田祐造さん、水谷絵里子さんご夫妻さん

 
  フォトリーディング体験談 HEROインタビュー村田祐造さん、水谷絵里子さんご夫妻村田祐造さん、水谷絵里子さんご夫妻


村田祐造さんが経営するスマイルワークス株式会社は

~ビジネスにスポーツの感動を、スポーツにビジネスの知性を~を使命に、スポーツ分析ツールの提供、タグラグビーを取り入れた企業研修等をされています。

村田祐造さんは2010年に
「“常勝リーダー”だけが知っている チームの心を1つにする技術」 を出版されました。
また奥様の水谷絵里子さんは2010年に産業カウンセラーの試験に合格をされました!
今は新しい事業コンテンツの立ち上げにご多忙で、とてもパワフルなご夫妻なのです。

◎スマイルワークス株式会社http://www.smileworks.co.jp/

◎場活流チェンジリーダー塾http://www.bakatsu.jp/

 
 

*村田祐造さん
 2009年 3月 山口佐貴子のフォトリーディング集中講座 受講
 2010年 2月 山口佐貴子のマインドマップ・マスター講座 受講
 2010年 7月 『黄金の羽根』ワークショップ 参加

*水谷絵里子さん
 2009年 3月 山口佐貴子のフォトリーディング集中講座 受講
 2010年 2月 山口佐貴子のマインドマップ・マスター講座 受講

 
 

【同じセミナーを受講すると、同じ深さを理解できる強固な絆が育つ】
スキルだけではなく、スキルの極意を一緒に学んだ夫婦。
一緒に受講することの相乗効果はどれほどに?

フォトリーディング HEROインタビュー【村田さん】佐貴子さんには日々感謝を感じて思い出しているから、久しぶりの再会という感じがしません。
何も話していなくても色々話したつもりに勝手になってたりします(笑)

僕も奥さんにも、フォトリーディングやマインドマップを受講してから色んな変化があったのですが、まずマインドマップのかき方がすごく変わってしまったので・・・。

論より証拠!
お見せするとこんな感じに変化しちゃってます!!

――うわぁ?!!すごいパワーが伝わってくる
マインドマップですね!!すごい・・・
(あまりの素晴らしさに言葉を失う山口)

【村田さん】フォトリーディング受講後に、開眼してしまったように熱いイラストが描けるようになってしまったのです。自分でいうのもアレですが、情熱や才能を溢れたマインドマップでしょ!?

内容はセミナーの内容や人に会った時、読書内容なのですが、このセントラルイメージのイラスト・・・これは開眼してしまったなぁ?なんて思っています(笑)

――集中講座の2日間で一体何が起きてしまったんでしょうね!?

【村田さん】フォトリーディングのスキルを教えてもらったというよりは、“脳の活用法”を教えてもらったと僕は思っているんですよ。“脳の活用法”を“本”というツールを使って、上手に活用できるようになっているのを確かめさせてもらっていた感覚かな!

――そう、そう!10倍速く本が読めてしまうのなんて、実は副産物!脳の使い方がうまくできるようになったのを証明できる表面的な変化の1つに過ぎないのです。超・能力開花講座だと、私も思います(笑)

だから、きっと私の講座では「速読できました」という感想の他に「こんな能力開花しちゃいました!」っていう受講生が多いんだと思います。感動するような開花を報告してきてくれるので、私も毎回驚いてしまいますが。

フォトリーディング HEROインタビュー【村田さん】僕は、佐貴子さんが講座で説明してくれた潜在意識と意識のイラストで、すっかり腑に落ちてしまいました。

情報の入れ方によって、潜在意識に長期記憶されるか?顕在意識に短期記憶されるか?というその説明も素晴らしかったけれど、講座中にそれが実感できてしまうんですから、マジで開花しちゃいますよ!

潜在意識には、幼少期からの情報がずっと蓄積されているんだし、これで潜在意識の蓋さえ開いたら溢れ出てきちゃうんですよ!すごいことですよね!?それこそまさしく自分らしさだと思うんですよ。生きている間、ずっと蓄積された情報が人と全く同じという事はありませんから。

その自分らしさを見つけ出しちゃうわけですよ!佐貴子さんが講座の中で話してくれたその話が、とてもとても感動的で!自分らしさを大切にしたいと常日頃思っている僕にはとても良かったんです。

「自分らしさってなんだ!?」の答えがフォトリーディング集中講座の2日間で見つけ出させるような感覚にまでなりました!


――そこまで言って頂けると本望です。
良かった、本当に嬉しいです!やっぱりフォトリーディングって凄い!
かなり自画自賛ですが・・・(笑)

受講後に、村田さんに多くの変化や飛躍があったのは、夫婦2人でご参加された、その相乗効果もあったのかな?と私は思っていたのですが、それはいかがですか?

【村田さん】フォトリーディングのような“潜在意識で学ぶ”という概念を2人ともが理解することで、より深い思考の部分をシェアする会話も増えたと思います。しかも、僕たちの場合は一緒にビジネスしていますから、深いシェアでの気づきがあれば直接仕事に活かせるしね!

これって、例えばですよ。僕だけが潜在意識的な今までよりも深い気づきをシェアしたとしても、奥さんにこの概念の理解がなかったら「はぁ?何言ってるの?」「訳が解らないこと言わないで、ついていけないわ?」ってなりますよね。

しかし、僕が「潜在意識ってそういうことだったんだ」と理解した現場で同じ時に、奥さんもそれについて一緒に勉強してくれている。昨日の僕より少し深いところのシェアをしたら、奥さんも同じくらいの深さで自分に向き合って話をしてくれたりするんです。

――そう言っていただけると、私の講座は、まるで夫婦円満推進講座のようです。
それって、最高に嬉しいことです!

【出版&資格合格を実現させたい方は必須!】
ご主人・村田さんの“速読エッセンスを執筆に役立てる受講方法”

奥さま・水谷さんの“試験合格体験!すがった藁がロープだった!?”

――ご夫妻の感覚というか、呼吸がこれほどにぴったり合っているのを見てしまうと、もうその喜びだけで胸がいっぱいです!

フォトリーディング HEROインタビュー【村田さん】いやいや、佐貴子さんの講座からはまだまだ頂いたのもがありますよ!フォトリーディングはベストタイミングでご紹介いただいて、難産だった僕の初めて書いた本の“執筆の悶々期”を脱出することができたのですから。

――悶々としていたとおっしゃっても、既に企画も進めて、執筆も始まってから受講されたんですよね? それでもちゃんとお役に立ったのでしょうか?

【村田さん】その悶々とした時期が本当に苦しかったんですよ。詳しくお話しすると、出版のオファーが来たのは2008年4月でした。出版社さんが僕のBLOGを気に入ってくれ、出版の話を頂きました。ところが、たった1冊なのに、超・難産だったんです。

執筆に20ヶ月以上費やしましたね。まず本の構成企画に3ヶ月かかりました。その後、何度も原稿を書いたのですが、伝えたいことが伝わっていないと、原稿を何度書き直しても編集者さんからGOサインがでないんです。

2009年3月には出版する予定でしたが、見事に延期。正直、編集者さんに見放されたって何も言えない状態でしたが、本当に有り難いことに、編集者さんは僕の難産にその後もつき合ってくれました。

フォトリーディング HEROインタビュー本当に素晴らしい方だったんですが、それでも上手くその期待に答えられない自分・・・もう、悶々とした気持ちが最高潮になってましたね。

だから、佐貴子さんに会ってフォトリーディングの受講を薦められたときは、「これはチャンスだ!」とピンときましたし、正直、藁をもすがる思いだったんですよ。そして、やっぱりピンときたそれは的中。

フォトリーディング集中講座を受講したら、まず読者が潜在的に何を求めているかが理解できた。フォトリーディング講座では佐貴子さんの言うとおり、自分が思い切り読者の立場に立って、思い切り手に入れたい情報を本に求めてみた。

そうしたら200ページ以上ある本の中から欲しかった答えはたった数行だったりして。本を書くときは伝えたいことは明確に、シンプルに伝えないといけないんだと学びました。

伝えたい事は、原稿を書く前にしっかり決めようとマインドマップにかき出して編集を始めました。あとは本の読み方を学んで、1冊の本がどのような構成になっているかも、よくわかりました。

フォトリーディング HEROインタビューそして、満足がいく本が書けた最大の要因は、水と油だった僕と編集者の意見をうまくミックスできるようになったことだと思います。

僕はリーダー達の「在り方」について書きたかった。けれど、編集者は「やり方」を書いて欲しがっていた。「読者はノウハウこそが知りたいのだ」と譲ってくれなかったんです。

僕は在り方を伝えるストーリー仕立ての1冊を書きたかったから、ノウハウだけの原稿が書きたくなかったんです。

ところが受講してから、編集者と対立する考えを捨てることができたんです。お互いの伝えたいことをより深く考えていけば、編集者が書いてほしいと言っていたやり方についても、僕が伝えたい在り方についても両立できる内容が書き上げられるんじゃないかって思うようになったんですよね。

そして、やっぱりお互いの意見を両立できる原稿のアイデアを思いついたんです。
編集者さんと対立し、見守られながら、そして、佐貴子さんに苦しい時期にヒントを頂きながら、やっと2010年1月に出版することができました。

フォトリーディング HEROインタビュー――村田さんが真っ正直に生きているからこそ、
絶対に自分の伝えたいこととずれたことは書けなかったんでしょうね。

けれど、それ以上のものを見つけられたというのは、大変な難産だったと思いますが、本当に素晴らしいことです。
おつかれさまでした。

【村田さん】いやぁー・・・執筆最中は大変でしたが、今はこの難産執筆につき合ってくれた関係者の方への感謝の気持ちの方が今は大きいですよ。

フォトリーディングも本当すごいですよね。執筆中に今まで読んできた本の中でも印象に深かったものを、第3ステップのフォトリーディングだけして潜在意識に放り込んでから原稿に向かったことが何度もあったのですが、明からに今までの読書とは違う効果を発揮してくれていました。

今までの読書の方法では、その内容が自分の考えや意見になるのには時間がかかるし、無理矢理自分の答えを引っ張りだそうとすると頭が痛くなってきちゃったりして。おまけに原稿も真似になっちゃうんです。

ところが、フォトリーディングして原稿に取りかかると、明らかに自分の考えや信念に既になっていることが湧き出てくる。フォトリーディングした本の内容が自分の中で熟成されて、にじみ出てくる感じなんです。

影響は受けているのは確かだけれど、決して真似ではない自分の感性としての文章なんだと言えるものが書けるんです。

フォトリーディング HEROインタビュー【水谷さん】私は、フォトリーディングの底力を体感できましたね。本当に自分の中に入っているんだ!って。

実は、私の方は産業カウンセラーの資格を勉強していたんです。試験2週間前まで問題集を1つずつ解いていくように真面目にやっていました。

問題の量が多いプレッシャーもありましたし、過去問も5年くらい前のものしかないし、出題傾向もわからないままの状態が続き、

これでは試験までに必要な範囲が網羅できない!どうやっても間に合わない!もうあれしかない!!と、試験の2週間前からマインドマップをかき始めました。私の方も主人同様、完全に藁をもすがる思いで(笑)そうしたら、そのすがった藁が、ロープだったんですよね・・・

自分の中に、マインドマップでまとめたから記憶に残っているはず!という信頼もありました。実際に試験は大丈夫だったし、見事合格できてしまったんです!

――そうだったんですね、合格おめでとうございます!
資格や語学、出版もそうだと思いますが、アウトプットをしなければいけない事態において、フォトリーディングやマインドマップを取り入れてみると、スキルの定着や成長、潜在意識の開花を実感することができますよね!

それに、お二人が同時期に同じ成功体験を得られたというのは、これもまた夫婦の絆を強める秘訣の1つなんじゃないかと思います。

【村田さん】そういう意味で言うと嬉しかったのは、受講後に21日間チャレンジでフォトリーディング習慣を定着させるプラクティスを奥さんがしていたことですね!一緒に受講しようと誘った僕としては、受講後にそのスキルを自発的に身につけようとしてくれている姿が嬉しかったんです。

僕が彼女のフォトリーディング中に、ちょっかいを出したら「人がせっかく習慣化させようとしているのに!」と怒られた時もありましたよ(笑)

【コンサルタントが将棋で勝負を挑む!?】
企業コンサルタントの目から見た成功者が続出する
山口佐貴子の講座の秘訣

――研修講師・企業にコンサルタントとして研修を提供してらっしゃるご夫妻ですから、受講しつつも同じ講師業の山口佐貴子を見て頂けたかなと思うのですが、いかがでしょうか?

【水谷さん】私は、受講前は正直言うとちょっと不安な感覚を抱いていました。

「本って速く読めなくても、ちゃんと読めればいいんじゃないの?」という速読に対するそもそもの疑問もありましたし、「なんで私まで一緒に行かないといけないの?」「2日間一体何が起きるの?」「どんな人たちが集まっているの?」とワクワクする気持ちもあるけれど、正直、不安も隠せなかったんです。

フォトリーディング HEROインタビューそれが、実際に講座に出てみたら、不安に思うようなことはなくって、講師がスキルを叩き込む講座ではなく、受講生がより良い状態で学べるような空間を創ろうとしていた。

音楽を工夫していたり、美味しそうなお菓子やドリンクが用意されていたり。みんながリラックスして、肩肘張らない素の状態でリラックスして学べるようにしていた。

佐貴子さんの気配りが行き届いて愛に溢れている感じでした。こんな研修は始めてで、新鮮でしたね!

フォトリーディング HEROインタビュー――スキルをスパルタで叩き込むよりも、学ぶ空間をちゃんと整えて、スキルを楽しく学ぶと、叩き込むよりも何倍も吸収してくれるんです。それは2800名の受講生とおつきあいしてきて、実感しているところです。

そして、きっとね、みんな休憩時間にお菓子やお茶を選びながら、私の選曲を聞きながら・・・「そうくるか」と、どのくらいこの場で自分の素を出して良いのかリサーチしているんだと思うの。

どれもそんな「自分らしくいられる」きっかけになったらいいなと思ってやっているんです。

【村田さん】僕は同じ講師という立場にいて、将棋をさしているような気分でしたね。佐貴子さんは、知ってか知らずか無意識に学びを定着させる仕掛けを本当たくさんやっている。僕にとっては大変な学びでしたよ!

一応、「次はこうくるだろうな」「こんな展開で講座を進めるのかな?」と、講師経験上の予測をたてているのに、ことごとくその予測は外れまして、「その手がありましたか!?そう来ますか!」と何度も関心させられちゃいました。

本当に細かい事なんですけど、その細かい事に注意が払えるだけで、こんなにクオリティが違うものかと思いました。Edu-k体操を入れるタイミング、休憩時に出す映像、選曲から、進行の隅々まで・・・研修講師としてもめちゃくちゃ勉強になりましたね!

【水谷さん】その色々教わった場作りのエッセンス、私達の研修でも取り入れさせてもらっています。少し工夫をするだけで、リアルに参加者の状態に違いがあります。もし佐貴子さんの講座がDoingだけを教える、ただのスキル伝授講座だったら、フォトリーディングに続いてマインドマップの受講はしなかったと思います。

スキルだけならきっといらなかったし、使えなかった。けれど、その前提にあるBeingをしっかり固めてくれる講座だったから、満足できたんだと思います!

Beingを固めてもらったおかげか、受講後には、色んなもののつながりや見えない真相心理で何が起きているのかより解るようになってきました。気づき力っていうんでしょうか、1つの情報から多くの事を感じ取り、気づけるようになった感じがしています。

フォトリーディング HEROインタビュー【村田さん】率直な効果でいうと、パワーが伝わる絵が描けるようになったのが僕は嬉しいですね!

フォトリーディング受講するまで、イラストなんて全く書けなかったのに、2日間経ったら完全にメンタルブロックが外れてしまっていて、すっかり好きなように描けるようになっていた。

自分らしく在ることに、自分で承諾がおろせたような、許可がおりたような・・・潜在意識の奥から自分らしさのパワーが出てきてしまっている感じです!

「佐貴子さんに足を向けて眠れないね!」なんて話、2人でよく話していますよ。

変な話、スキルを抜きにしても価値がある講座だと思います。受講しただけでものすごい自信がつく講座!スキルを疑う前に、講師をきちんと選んで、多くの方に受講して頂きたいですね!

【水谷さん】佐貴子さんの講座の2日間って、セミナールームがディズニーランドになっているようなもので、来てくれた人に対しての愛情が溢れて、佐貴子さんの気持ちが行き届いている。受講生が「佐貴子さん?♪」って慕い続ける感じが良く解ります。

――ありがとうございます。そこまで言って頂けたらもう喜びと照れくささで胸がいっぱいです。泣けてきちゃった。
講座の後、私は勝手に、我が子を出産したような気持ちになるんです。母親が子供をお腹に10月10日大事に育てて社会に産み出すように。

フォトリーディング HEROインタビュー2日間、精一杯お渡しできることをお渡しして、
何があったときでもあなたを守る装備
(フォトリーディング・マインドマップ)を持たせ、

「勇気を持ってあなたの道を歩いて行ってね!
私はいつでもここであなたを応援しているから!」と
社会へ送り出している感じなんです。

今日は本当に嬉しい話をありがとうございました!

  • 5日間無料メール映像セミナー
  • フォトリーディング体験会
  • 3億人に使われているノート法|マインドマップ®も使える!
  • フォトリーディング説明
    ダイジェスト版
  • フォトリーディングの全体概要
  • フォトリーディングスキルの説明
  • フォトリーディングQ&A
  • 再受講はこちら
  • 山口佐貴子ニュースレター
  • 山口佐貴子プロフィール