フォトリーディング 速読

世界初フォトリーディング シニアインストラクター山口佐貴子のフォトリーディング・プレミアム講座
受講者数
5,796
2017年9月現在
お問い合わせ
今すぐお申込み

山口佐貴子がフォトリーディングを
15年以上にわたり、教え続けている想い

Thoughts Keep Teaching PhotoReading

2001年、日本にフォトリーディングが上陸した初めての講座に私は参加しました。
受講時に得た衝撃的な感動が、翌2002年年私をインストラクターに押し上げてくれました。
2017年開催のフォトリーディング集中講座は、講座200回目&受講生5,555名誕生のダブル記念でした。
当日の会場には、修了生からのお花やお菓子なども届き、祝福に包まれながらの講座でした。
続けるって、生きていくって、素敵なことが増えるなと感じた日でした。

この15年間、修了生の中に「フォトリーディングがなければ今の私はない」と断言される方が多くいらっしゃいました。その言葉を聞くたびに、いかにフォトリーディングがひとりの人の可能性や才能にスイッチを入れることができる稀有な方法なのかを再確認しました。

15年間の継続は特別なことではありません。
「フォトリーディングによって受講生の可能性を開きたい」
と思いをはせ、小さなことを積み重ねてきただけです。

そしてこの先もどうやってフォトリーディング講座のクオリティをあげていくのか? しか考えていません。
その先に出会う受講生の才能の開花を願って、まだ道半ばなのです。
そんな私を突き動かしてくれるエネルギーの源は私がフォトリーディングを受講した時の衝撃です。

衝撃の源=私の出発点

2002年8月、神田昌典さんが開催した日本初のフォトリーディング講座に、私は受講生として参加しました。
最終日、練習用として配布された1冊の本。それはあまりに印象深い1冊との再会でした。
なぜ、その1冊の本が印象に残っていたのか?

その本はフォトリーディングが日本に上陸する数年前に、私が悪戦苦闘しながら読了までに10時間かかった読み応えのある1冊「人生の意味」(キャロル・アドリエンヌ著)だったのです。
読むのが遅い私でしたが、10時間に及ぶ奮闘に達成感はありました。(今となればそれも恥ずかしい話ですが)

そして本を読み終えたあと、夫から一言「その本、何が書いてあったの?」と言われました。

私は無言になりました。読み終えたはずの達成感とは裏腹に中身を覚えていない、話せないのです。
これはショックな経験でした。(同じ経験をした方がいるかもしれません)

その本が、フォトリーディングの練習本として目の前にやってきたのです。
その後に何が起こったのか…

フォトリーディングを使い、たった40分でその本が読めたのです!
読んだだけでなくマインドマップもかけた!
本の内容も隣の人にペラペラ話せた!

10時間が → 40分に短縮!!

衝撃を受けた私は「リーダーとなる人は全員フォトリーディングを受けたらいい!」と強く思いました。
それが私の原点です。

私は本を読むことが楽しくて、楽しくて、フォトリーディングを活用し毎日1冊読み続けました。
その中でビジネスにも変化が生まれました。
フォトリーディングをしているとアイデアが自然と出てきますし、面倒くさいと感じていた仕事で読まなければならない専門資料も楽に読めるようになりました。

当時の弊社の仕事は美容健康関係の通販でした。
サプリメントの商品開発、販売が主な事業で、特に商品開発に投資する時間はフォトリーディング受講後半年で、今までの五分の一に短縮できました。
フォトリーディングを活用する効果に驚くだけでなく、私自身の思考の変化にも心底感動しました。

「私もできたのだから誰でもできる! やり方を知らないだけだ。」
「私にもできたのだからあなたもできる! 人の可能性は無限大。」

この一連の経験から、私は人の可能性を信じるようになりました。
自分の可能性も信じられるようになりました。
この経験が私の出発点であり、フォトリーディングインストラクターを続けていく、永久のエンジンです。

フォトリーディング シニア インストラクターに任命されて

これまでの経験から、この度世界で初めてフォトリーディング シニア インストラクターに任命されました。
背景には色々な後押しがあるのですが、1つは、15年間にわたり日本で教え、最近の中国開催を含めて講座は200回を超え、世界中に5,700名を超える受講生がいてくださることです。

この実績は有難いことに全世界のインストラクターの中でも有数なものです。
また、私の講座の受講生が真摯にフォトリーディングを活用され、生み出される変化や成長が、その人数・クオリティともに、群を抜いて著しいことにもたいへんな評価を頂けました。

「1人でも多くの人にフォトリーディングの可能性に気づいてほしい」と、フォトリーディングに関する書籍をコンスタントに出版し、フォトリーディング全体に対して与えた功績も評価いただけました。

これは私の1人の頑張りだけではなくて、皆さんの存在があってこそです。
本当にありがとうございます!

今回の任命は嬉しいという気持ち以上に、フォトリーディングを通してさらに人類の進化に貢献する決意を新たに、身が引き締まる思いです。

本当に納得のいく人生を送るために、人の能力を最大限に発揮することができるフォトリーディングを日本はもちろん、国境を越えて多くの方に伝えたい。
これからも私はフォトリーディングを通して、「自らの可能性を信じ、能力を開花させる人を創造する道」を歩み続けていきます。
これからも、よろしくお願い致します。

山口 佐貴子

  • 5日間無料メール映像セミナー
  • フォトリーディング体験会
  • 3億人に使われているノート法|マインドマップ®も使える!
  • フォトリーディング説明
    ダイジェスト版
  • フォトリーディングの全体概要
  • フォトリーディングスキルの説明
  • フォトリーディングQ&A
  • 再受講はこちら
  • 山口佐貴子ニュースレター
  • 山口佐貴子プロフィール