フォトリーディング 速読

世界初フォトリーディング シニアインストラクター山口佐貴子のフォトリーディング・プレミアム講座
受講者数
5,796
2017年9月現在
お問い合わせ
今すぐお申込み

フォトリーディング5つのSTEP

PhotoReading 5 Steps

2009年11月、新版「あなたもいままでの10倍速く読める」の出版に伴って、「フォトリーディング・ホール・マインド・システム」の5つのステップが改正されました。
2010年以降のフォトリーディング集中講座では、新ステップに対応していますのでご安心ください。

簡単にまとめると、

  • STEP 1
  • その本を読む目的を決める
  • STEP 2
  • その本がその目的に見合うだけの内容か確認する。OKなら次に進む。
  • STEP 3
  • 得たい情報を“フォトリーディング”して内容を脳に送り込む。
  • STEP 4
  • 蓄積された情報の復習をし、スムーズなアウトプットを促す準備をする。
  • STEP 5
  • “活性化”で引き出し、具体的に読み進めていく。

具体的に申し上げると

STEP 1
準備[所要時間:1分]

読みたい本に対して、読む『目的』を決めます。
「この本から○○を得たい。」と明確に決めます。
同時にミカン集中法を行い、より効率的に進むために脳がリラックスした状態を
作り上げます。

STEP 2
予習[所要時間:1分]

目次、作者プロフィールなどを見ながら、その本のざっとした把握を行います。
そして本の全体像をつかみ、読むかどうかを見定めます。
この段階で自分に必要ない本だと感じたら「読まない」という判断をするのも、大切です。

STEP 3
フォトリーディング[所要時間:5分程]

ミカン集中法でリラックスした状態を作ってからリズミカルにページをめくっていきます。
目安としては、1ページ1秒。その時の目はフォトフォーカスです。

(フォトフォーカスは極めて簡単な方法で、小学生でもできます。講座で詳しくお教えします。)

この方法は一つ一つの文字にはっきり焦点を合わせるのではなく、一度にページ全体を眺めることで、目が取り込んだ情報は脳の潜在意識に直接入り込みます。

STEP 4
復習(ポストビュー)[所要時間:約8分]

フォトリーディングによって脳に送り込んだ情報から、アウトプットがスムーズにできるように、本の中からキーワードを拾い、質問をつくる作業をします。

STEP 5
活性化(アクティベーション)
[所要時間:読むだけなら30分ほど、メモを取るなら1時間ほど。]

まずは、情報が脳に定着するための時間をおき、それから読んでいきます。
読み方には3つの方法があります。

・ディッピング
・スキタリング
・高速リーディング

あたなの好みの方法で、または本の特徴に合わせて3つの読み方から選んで本を読み進めていきます。
ビジネス書や新聞など情報収集目的の読書や、資格取得や受験など勉強目的の読書、小説など世界観に浸って読みたい本など全てのタイプの本に対応できます。
また本のメモの取り方としてマインドマップをお教えします。
ここまでくると、フォトリーディングを知る前と、知った後では読書のスピードや理解の深さアウトプットの明確さに、明らかな違いを感じることが出来るでしょう。

文章にすると、一見できるのか…と思われるかもしれません。
実際には、頭で考えるより、身体で覚える作業です。誰でも2日間でスキルを覚えて帰ることができますので、ご安心ください。

  • 5日間無料メール映像セミナー
  • フォトリーディング体験会
  • 3億人に使われているノート法|マインドマップ®も使える!
  • フォトリーディング説明
    ダイジェスト版
  • フォトリーディングの全体概要
  • フォトリーディングスキルの説明
  • フォトリーディングQ&A
  • 再受講はこちら
  • 山口佐貴子ニュースレター
  • 山口佐貴子プロフィール