フォトリーディング 速読

世界初フォトリーディング シニアインストラクター山口佐貴子のフォトリーディング・プレミアム講座
受講者数
5,754
2017年7月現在
お問い合わせ
今すぐお申込み

本が苦手な方でも大丈夫

本嫌いでも大丈夫

ある男性は本が大嫌いで、手にすることもできないと言いました。彼がフォトリーディングを習得したあと「本に触れられるようになりました」と言いました。今、彼は個人事業主として順調に仕事をしています。

またある女性は活字アレルギーで文章を読むと気持ちが悪くなると言いました。彼女はフォトリーディング受講後、なんと、ライターとして仕事を始めました。

嘘のような本当の話です。

積読を解消できる

積読が多い人は、それだけ意欲的で向上心が強い人です。

しかし本を読みたいという「意欲」と読むのにかかる「労力」のギャップが埋められずにいると思います。

フォトリーディングは2日で学べる速読法です。多忙で、読んでいてもすぐ寝てしまう。なかなか頭に残らない!などの嘆きもフォトリーディングを習うことですっかり解消する方が多いのも事実です。

受講生から一番聞く言葉は「もっと早く学べばよかった」です。

「読んでも忘れるから」の脱却

誰しもが淡々と文字を読んだら忘れます。これが人間の脳の仕組みです。

知らない人が多いのですが、文字に焦点を合わせて読むと目の錐体細胞を使い、その記憶は短期記憶に送りこまれます。

フォトリーディングは錐体細胞ではなく桿体細胞を使い、本の情報を脳に取り入れることで、情報が長期記憶に送りこまれます。
忘れない読書をするために効果的な方法です。

短期間で試験に受かる事例が後を絶たないことが裏付けです。

漫画しか読めないから脱却

漫画しか読めないあなたは「本を読む目的は何か?」「読書のモチベーションをどのように保つか?」などがわかったらすんなりと読めるようになります。

漫画を読んでいるときは、楽しいですよね。漫画のように楽しく専門書も読めるとまでは言いませんが厚くて読みたくなくて、でも読まなくてはならない本こそさっさとフォトリーディングで読んでしまいましょう!その方法を教えます。

受講を悩んでいる方

まだ受講しなくてもでも良いのではと思う方

受講を決めるタイミングは、その人の置かれている環境によって本当に様々だと思います。
5年間悩んで申し込んだという方もいらっしゃいます。その方にどうして今だったんですか? と伺ってみると仕事上本当に受けなくてはならなくなったので、とのことでした。

受け終わった時に皆さんおっしゃるのは「もっと早く受ければ良かった」という言葉です。

切羽詰まって習うより、余裕がある時に受けて習慣化しておき、本領発揮の時が来たらフォトリーディングが身に付いている状況が理想的です。
これはとても聡明な選択だと思います。

フォトリーディングは本を速く読む方法であり情報処理の高速化ができます。習得しておくとその後の授業、セミナー、企画など全てに関して時間短縮が叶います。それは書物を読むということは何か新しいことを始めるときには必要不可欠だからです。それが時間短縮で行われると言う事は、そのことが短時間で完了できることとなります。
これはとても魅力な話だと思いませんか?

スキルの習得が不安な方

ご安心ください。
今までの受講者は10代の学生から最高年齢は82歳です。年齢によるスキル習得の差はありません。
学校の勉強の偏差値が高い/低いなどによる習得の違いもありません。

2日間の講座は朝から夕方までと長時間ですが昼休みや休憩もとりながら進みますので途中で帰る人はいません。そしてスキルについて講座中に沢山質問してもらっても大丈夫です。
不明点がない状況で講座を修了していただくことをお願いしています。

どの位の速度で読めるのか知りたい方

多くの方が1冊を1時間ほどで読了されます。講座中はご自分の本を3冊ほど練習として読んでいきます。

1時間で読めて、内容を話すことができたらフォトリーディングができている!と十分に感じられます。そして、最後にフォトリーディングのスキルのエッセンスをまとめた虎の巻もお渡すするので、それをご活用ください。

受講後のフォローが気になる方

受講後21日間、無料でフォローのメールをお送りします。またはフォトリーディング集中講座を再受講する制度などアフターフォローも万全ですのでご安心ください。

再受講はスキルが覚えられないから受講するというよりも転職や起業など次のステージに行く時にお越になる方が多いです。さらにフォトリーディングを活用するために活気をつけにお越しになるという感覚の方がほとんどです。

本当に結果が出るのかと思う方

私の集中講座で1時間に1冊フォトリーディングで読めるようになる方が約9割いらっしゃいます。
これは、本が苦手な方でも出せる結果です。

では残りの1割の方はどうかと言うと、習得が遅いのではなく内容が難しい本を持ってきてしまった場合、および厚い本の場合に1冊終わるのに1時間半ほどかかる方もいらっしゃいます。
たった2日の受講でその速度で読めるようになるとみなさんはとても感動されます。

どんな人が来るのかな?と不安な方

おおよそ会社員の方が5割、経営者・個人事業種の方が2割、医者などの専門職の方が1割、公務員の方が1割、学生、主婦、転職活動中の方などが1割といった構成です。

共通項は、みなさん向上心あるということです。日本全国からお越しになられ時には海外からも帰国されてまで受講される方もいらっしゃいます。
講座は20~30名ほどで、男女比率は約半々です。

高額な受講料を振込んで本当に大丈夫なのか?と思う方

過去、数々の受講生の実績を見るとフォトリーディング自体ができないという人はいません。

習慣化に向けて万全のフォロー体制もありますが、最終的に習得できるかどうかはご本人の意欲が一番大切です。そして万が一、心配な方のためにいろいろな制度を設けています。

無料体験会 > 山口佐貴子からフォトリーディングの説明を受ける。

申込後10日以内にお振込を完了された方のみ、お席を確保いたします。
お振込がなければそのままキャンセルとなります。
お席が確保された後も体調不良等による受講キャンセル、及び講座の延期も可能です。

  • 5日間無料メール映像セミナー
  • フォトリーディング体験会
  • 3億人に使われているノート法|マインドマップ®も使える!
  • フォトリーディング説明
    ダイジェスト版
  • フォトリーディングの全体概要
  • フォトリーディングスキルの説明
  • フォトリーディングQ&A
  • 再受講はこちら
  • 山口佐貴子ニュースレター
  • 山口佐貴子プロフィール